スタッフインタビュー

ブックオフの大ファンですから、
毎日の仕事が楽しいです!

T.Aさん 10代 ゲーム書籍コーナー担当
アルバイト 入社3年目

スタッフ1 スタッフ1

好きなことの知識が増えるのはうれしいです。

お店ではいろんな部門を担当していますが、このごろはゲームコーナーがメインです。ブックオフのスタッフは本好きが多く僕もそうでしたが、ゲームも本に負けず好きなので仕事はとても楽しいです。お店では最新のものから古いものまで、いろんなゲームを取り扱っています。僕の世代だとファミコンは全然やったことがありません。レトロゲームというやつです。買取のとき古いゲームにとても高い値段がつき、驚いたことを覚えています。そんなゲームを動作チェックもかねてプレイさせてもらうこともあります。これがすごく難しいけど面白い。例えば「魔界村」なんてお勧めのゲームです。きっとブックオフで働いていないと、10代の僕はこの面白さに出会えていなかったと思います。そんな古いゲームの話が多く出てくる「ハイスコアガール」という漫画も先輩に教えてもらいました。もちろんしっかりハマっちゃいました。(笑)
人気ゲームの買取価格をPOPにして貼り出す業務もあります。そんな仕事をしていると高値が続いている人気ゲームがわかり「今度やってみよう!」なんて思ったりします。好きなことの知識が増えるのはとっても楽しいです。

スタッフ1 スタッフ1

ブックオフの雰囲気が大好きです。

読書が好きでラノベなどをよく読みます。「ようこそ実力至上主義の教室へ」の衣笠彰梧さんのファンです。本が好きだからブックオフの求人に応募しました。ブックオフは高校生でも働けましたし、なによりブックオフの雰囲気が大好きだったからです。お仕事を始めてもう3年になります。今では仕事の幅も増え、いろんなことに挑戦させてもらっています。例えば売場の管理なども任せてもらえるので、自分が展示した商品が売れるとうれしいですし、やりがいになります。新人の方のトレーニングもしています。自分の教えていただいたことを、分かりやすく、不安にさせないように教えています。
趣味の知識も増えました。先ほどのゲームの話もそうですし、好きな本についてもそうです。学校でも趣味の合う友達はいましたが、ブックオフで知り合った人の方が詳しいです。自分もまだまだだと思います。「あの人の作品が好きなら、これも面白いよ」と勧めてもらえるので、読書の幅が広がっていくと思います。

スタッフ1 スタッフ1

メリットがいっぱいのお仕事です。

ブックオフの仕事で難しいのは、接客などのコミュニケーションだと思います。買取の仕事もゲーム関係は傷などのチェックをすれば、最新の買取価格データがパソコンに表示されますので、それに合わせれば大丈夫です。それより、お客さまにこんな理由でお売り頂けません、買取価格が減額になります、と伝える方が難しいと思います。でも、キチンと人にものを伝える能力が大きく向上するお仕事だと思っています。僕自身もコミュニケーション力はこの数年で付いたと思っています。やっぱり先輩の対応を身近で見ることができたのが大きかったです。すごく勉強になりました。
お金も稼げますし趣味のこともたくさん学べます。将来、社会に出て役に立ついろんな経験ができるのは、ブックオフバイトの大きなメリットです。来年は大学受験の予定です。受験勉強と両立するのにブックオフでは短時間の勤務となりますが、すごくバランスよく働くことができています。先の話ですからどうなるかわかりませんが、大学生になってもブックオフで働けたらと思っています。

1日の流れ

17:00

スタッフ1

出勤。13:00からの場合もあります。基本は短時間の勤務です。ユニホームに着替え、夕礼に参加したら、すぐにお店に出ます。

スタッフ1

仕事の内容は、お店の状況により変わります。平日でお客さまが少ないときは、商品の加工や補充、POP書き。休日などでお客さまが多いときはレジなどの販売、買取業務を中心に仕事を行っています。スキルの浅いスタッフの方へのトレーニングや指示出しも大切な仕事です。閉店までの間に30分程度の休憩を取り、これらの業務をおこなっていきます。

21:00

スタッフ1

閉店後は店内の清掃、レジ締めなどをおこなっています。

22:00

スタッフ1

お仕事終了!お疲れさまでした。