スタッフインタビュー

毎日が勉強です!
でもそれがとても楽しい!

S.Oさん 30代 アパレルコーナー リーダー
アルバイト 入社4年目

スタッフ3 スタッフ3

モノの古さが味になる?ファッションは難しい。

ブックオフのアパレルコーナーで勤務しています。洋服、バッグやシューズなど、多彩なアイテムに囲まれてのお仕事になります。ファッションには興味を持っていたので、毎日がとても充実しています。自分でコーディネートしたアイテムをマネキンに着せ、ディスプレイすることもあります。スタイリストの気分です。そしてそのコーディネートした品物が一式売れたりすると「やったー」と思っちゃいます。
大変なのが買取業務です。何が取り扱えて、取り扱えないかの見極めが難しいです。ブランドの種類もたくさんありますし、素材もイロイロあります。センスと知識が必要です。有名なブランドでも、通常はシミやシワがあると服の価値は落ちてしまいますが、そんな状態不良もヴィンテージとしての味になったりする場合があります。メンズ服、革ジャンやジーンズなどはそうです。ファッションアイテムはとても奥が深いです。
だからファッションの勉強もある程度は必要となります。ネットのフリマサイトをスタッフみんなで見ながら情報を共有したり、プライベートで買い物をするときは、ほかのお店をチェックしたりしています。メンズ服のお店ものぞいたりします。それはそれでとても楽しいです。

スタッフ3 スタッフ3

新しい自分と出会うことができました。

ブックオフでお仕事を始めようと思ったのは、お店が家からも近く、周りにいろんなお店がありとても便利だったからです。また何より本が好きだからです。前職でも書籍製本関係の仕事をしていました。面接のときも本好きをアピールしたのですが、アパレルを勧められてしまいました(笑)。でも、全然不満はありません。アパレル、ファッション関係もすごく興味があったからです。アパレルコーナーで働くようになってから、自分にどんな服が似合うのか、どんな色が似合うのか考えるようになりました。ここで働くようになってから、視野が広がったような気がします。
もちろん仕事ですから大変なこともあります。例えば覚えることは多いと思います。一つひとつの仕事は決して難しくありませんが、種類がたくさんあります。販売と買取、商品加工や商品陳列などです。でも、安心してください。ブックオフではスタッフができる仕事がレベルによって分かれています。あなたのペースでゲームのレベル上げの感覚でチャレンジしていけばきっと大丈夫です。私もそうやってきましたから。

スタッフ3 スタッフ3

今のペース、働き方、気に入っています。

そんな私も売り場のリーダー職を任されています。今では新人スタッフのサポートをする立場になりました。トレーニングは相手に合わせて、考えながらおこなっています。相手に無理がないようにプランを立てて、仕事を覚えていってもらいます。あと手持無沙汰にならないよう気をつけています。バイトは何もしてない時間が続くのはとても苦痛ですから。新しい事に挑戦して活き活きと働いている姿を見ると、とてもうれしいです。私も頑張ろうと思え、それが自分の成長につながっています。
私の年齢だと、弟、妹世代のスタッフも多いのですが、逆にそれも楽しいです。休憩時間はいろんな話をしていて、飲み会もあります。ここのスタッフはとても仲が良いです。学生の方なら友達も増えていいと思います。
目標というのはおかしいですが、今後もこんなペースで楽しくお仕事ができればいいかなと思っています。やりがいを持って働くことができています。今はこの環境がとても楽しいです。

1日の流れ

9:00

スタッフ3

店舗に出勤。まずはユニホームに着替え、今日一日のスケジュールを確認。スタッフ全員での朝礼を終えた後は、開店前の清掃をおこないます。

10:00

12:00

スタッフ3

店舗はオープン。午前中は売り場で商品が少ない場所をチェック。重点的に在庫を出していきます。その際、気をつけるのはしっかり値札を付け、見やすい棚にすることです。

お昼の休憩を取ります。

13:00

スタッフ3

午後はお客さまも増えてきます。レジ、買取と並行しながら、商品を店頭に補充していきます。新人の方のトレーニング業務もおこなっていきます。

17:00

17:45

スタッフ3

夜のスタッフと交替です。作業の引き継ぎなどおこなっていきます。



今日のお仕事は終了です。